新車を購入する上で目安となる値引き率は?


新車を購入する上で、どのくらいの値引き率を目安に
をどのくらいで見れば良いのでしょうか?

 

新車を購入する場合の費用としては、

 

@車両本体価格
Aオプション価格
B所得税、重量税などの税金
C車両登録するときの諸費用

 

があります。

 

値引き交渉を行う場合は、税金の値引きを行うことは出来ませんので
新車値引きのターゲットは車両本体価格とオプション価格になります。

 

車両本体価格とオプション価格に分けて考えると理解しやすいと思います。

 

 

1、新車の値引き交渉を行う時の値引き率は?

@車両本体価格についての値引き率は10%前後になります。

 

車両本体価格300万円の車であれば30万円の値引きが
目安になります。

 

値引き率は10%は、あくまでも目安となります。

 

?メーカーオプションの値引き率目標は10%、ディーラーオプション
の値引き率目標値は20%を一つの目安としてください。

 

メーカーオプション50万円、ディーラーオプション50万円
の値引き目標額は、

 

メーカーオプション分値引き目標50万円×10%=5万円
ディーラーオプション分値引き目標50万円×20%=10万円

 

オプション分の値引き目標額は15万円になります。

 

上記の場合の車両販売価格とオプション価格計400万円の
目標値引き額は45万円になります。

 

新車の発売当初であれば値引きは厳しいですし、月間販売台数が1万台を
超える人気車種などの値引きは厳しくなります。

 

逆に、販売台数が急激に落ちてきた車種や、ライバル車種との
競合が激しい車種などは、思わぬ値引きを引き出せる
可能性があります。

 

購入を考えている、販売台数の推移を見ると、値引きを
引き出す上での判断材料として参考になります。

 

2、高い値引き率を引き出せる販売時期

 

3月の決算期も高い値引き率を引き出せるまたとないチャンスです。

 

体験談などを見ると、新型セレナは2017年3月で、80万円
という高額値引きを引き出しているケースもあるくらい
9月などの四半期決算などとは、比べ物にならない
ほどの高い値引き率を引き出せる可能性があります。

 

3月は期末決算のため、ノルマである目標台数に届かない場合は
赤字覚悟の値引きを提示する場合があるためです。

 

 

つまり、ノルマ達成をターゲットとしている販売店にタイミング
良くいけるかどうかという、運の要素も絡んでくることになります。

 

運が値引き率を引き出せるポイントになりますので、常日ごろ、有名神社
やお寺などのパワースポットに行って、運を頂いてくるのも
一つの手かもしれませんね。

 

 

3、新車の高額値引き率を引き出すポイントは?

 

@値引き希望額提示は高めに出す。

新車の高額値引き率を引き出すポイントは、希望値引き額を
高値で提示することです。

 

車両本体とメーカーオプション価格合計が、400万円の場合は
15%から20%の値引き率、金額で60万円から80万円の
値引き希望価格を提示してみることです。

 

ディーラー側の心理として、値引きベース価格より高くしようとは
思わないので、こちらからベース価格を提示して、そこから下げていくと
、相手の考えているベース価格を下げたという満足感から
合意が取れ易くなります。

 

こちらから値引き交渉時に、高い値引き額を提示すると
ディーラー側もこちらの提示した値引き額を意識します。

 

その差を埋めようと、ディーラー側も出来る最大限の値引き
を頑張るため為、ディーラー側の最大限の値引き提示
を引き出しやすくなります。

 

Aクレジットを組むと2万円程度値引くことが出来る。

クレジットを組むと、ディーラー側にクレジットの成約料が入りますので
1万円〜2万円程度の値引額の上乗せが出来ることになります。

 

クレジットを組むことで、ディーラー側の成果になりますので
クレジット、残価設定クレジットなどを勧めて来ます。

 

「クレジット契約を行い、その後一括返済してくれれば、値引き
の上乗せが出来ます」などと提案してくる場合もあります。

 

 

Bディーラー下取りよりも、一括査定の方が愛車を高く買取ってもらえる。

ディーラーで下取りに出すと、査定料を取られることになります。
一括査定の場合は当然、査定料は不要ですし、複数社が一括
見積もりを行いますので、競争心理が働き、売却価格もより
高く査定されます。

 

特に人気車種の場合は、ディーラー下取りより50万円以上もの
査定額が出る事もありますので、愛車の査定はより多くの査定
してもらうことにより給料以上の利益を手にすることが出来ます。

 

詳細はこちらをクリック

 

当然一括査定は無料なので使わない手はありませんよね。

 

 

まとめ

 

目標値引き率は、車種や時期によっても変動しますが、
車両本体価格の目標値引き率 10%
メーカーオプション値引き率 10%
ディーラーオプション値引き率 20%

 

を目安としてみて下さい。

 

車両本体価格300万円、メーカーオプション50万円、
ディーラーオプション50万円の車両の目標値引き額は

 

45万円(30万円+5万円+10万円)になります。

 

3月は期末決算の為、値引きが緩む傾向にあります。

 

値引き交渉する場合は、車両価格+オプション価格の15%から20%
と目標値引き価格より高い値引き価格で交渉することがポイントになります。

 

詳細はこちらをクリック

 

そして、下取り車がある場合は、一括査定でより高く買い取って
もらえるところを探しましょう。

 

 

 

 

 


信頼の一部上場企業で安心です
個人情報の目的外利用はいたしません。
人気車なら45秒かんたん入力で50万円以上査定アップ

かんたん車査定ガイド

確認するかしないかだけで50万円以上価格差が出ることになります。

今すぐ愛車の最高査定額を確認してみませんか!