購入した中古車がリコール対象車の場合の対処法は?

購入した中古車がリコール対象車の場合の対処法は?

 

 

リコールとは

 

よく、テレビや新聞でリコール関連のニュースが流れますよね。

 

タカタ製のエアバックなどは、衝突時の衝撃でエアバックが開く
ときに、中の金属片が飛散してエアバックが破裂し、人体を
傷つける恐れがあるケースなど、一時期社会問題に発展しました。

 

このように、自動車メーカーが生産販売する自動車に、設計上の
問題や製造時における不具合が判明したときに、自動車メーカーや
輸入業者が、国土交通大臣に届け出て、無償で不具合部品の修理や
交換、返金を行う措置のことをリコールと呼びます。

 

通常、自動車メーカーがリコールを届け出た場合、ディーラーから
購入したユーザーには直接ダイレクトメールが届きます。

 

または、ディーラーから直接電話連絡が入り、交換修理の調整を
してくれます。

 

ただ、中古車などのように、転売されるとディーラーは転売先の
情報を持たないため、連絡を入れることが出来ないことになります。

 

また、国土交通省は自動車の登録情報をもとに、通知を行って
くれますが、通知が届かないことが多々あります。

 

 

つまり、所有している中古で購入した自動車はリコールの対象に
なっている可能性があるわけです。

 

ただ、リコールの修理改修が行われていなかった場合、
車検を通すときに、車検証とともに、リコール未実施
の通知がされることになっていますので、車検時に、車の
所有者は、リコール情報を把握することが出来ます。

 

 

リコール車確認方法

 

所有している自動車メーカーのWEBサイトで、リコール対象車かどうか
を確認することが出来ます。

 

日産車のWEBの検索方法は、「日産 リコール 確認」で検索をかければ
確認用のメーカーサイトがありますので、確認してみてくださいね。

 

確認するには、車の車体番号が必要になりますので、車検証
を用意しておきましょう。

 

 

対処法

 

もし、所有している自動車が、リコール対象に該当する場合は、
メーカーのお客様相談室かお近くのディーラーで問合わせて
下さい。

 

すぐに整備工場の空き状況を確認して、こちらの都合に合わせて
リコール部品の修理交換を行ってくれます。

 

リコールがでてから、年数経過しても無償で修理してくれます
ので、早めに確認することをおすすめします。

 


信頼の一部上場企業
個人情報の目的外利用はいたしません。
45秒のかんたん入力

かんたん車査定ガイド

合い見積もりで査定UP間違いなしですよ