ハイオク仕様車にレギュラーガソリンは?

 

ハイオク仕様車にレギュラーガソリンを使い続けて問題は?

 

レギュラーガソリンとハイオクガソリンと2種類のガソリンが
ありますが、この違いについて見ていきましょう。

 

レギュラーガソリンとハイオクガソリンの違いはなにかというと
異常燃焼の起こりにくさを表す数値になります。

 

ガソリンの成分である「イソオクタン」が対ノック性が一番高いので
オクタン価100とし

 

対ノック性の一番低い 「n−ヘプタン」のオクタン価を0を基準とします。

 

オクタン価を算出は、ガソリンの燃焼試験を行い、実験結果
から得られた数値をもとにオクタン価を設定しています。

 

JIS品質規格ではレギュラーガソリンの場合はオクタン価は89以上
ハイオクガソリンのオクタン価は96以上となっています。

 

実際に販売されている大手メーカーのハイオクガソリンの
オクタン価は、98以上のJIS品質規格より高いオクタン価に
なっているようですね。

 

ハイオク仕様車にレギュラーガソリンを入れた場合

 

ハイオク仕様車にレギュラーガソリンは使えるのでしょうか?

 

ハイオクガソリンはレギュラーガソリンに比べて10%〜20%程度
価格が高いため、財布の事情により、ハイオク仕様エンジンの
車に、レギュラーガソリンを使いたくなることもあると思います。

 

ハイオク仕様車にレギュラーガソリンを使用した場合に、問題
があるのかどうかを調べてみました。

 

そもそもハイオクとレギュラーガソリンの違いは、
ノッキングを起こしやすいかどうかの違いです。

 

エンジンのシリンダー内の空気と、気化したガソリンを
圧縮しプラグから飛ばしたスパークで着火爆発し
その力を、回転エネルギーに変えています。

 

より高圧縮時に、着火爆発すると、より高いパワーを
出すことが出来ます。

 

オクタン価が低いガソリンだと、シリンダー内で空気を
圧縮しスパークで着火爆発する前に自然発火することが
あります。

 

自然発火した場合にノッキングは起こりエンジンは
ダメージを受けることになります。

 

ノッキングが頻繁に生じると、エンジン破損につながる
恐れがあります。

 

ディーラーに確認すると、ハイオク仕様車に
レギュラーを入れても走る事は走るとのことです。

 

基本、国産のハイオク仕様車にレギュラーガソリン
を使ってもノッキングが起こることはありません。

 

ただ、もし万が一、レギュラーガソリンが原因で
エンジンにトラブルが生じても補償対象外になります。

 

とのことなので、ハイオク仕様車にはハイオクガソリン
を使用したほうが無難だと思います。

 

 

レギュラー仕様車にハイオクガソリンを入れると燃費は上がる?

 

逆にレギュラーガソリン仕様車にハイオクガソリンを
使用した場合はどうでしょう?

 

ハイオクガソリンは、レギュラーに比べ出力価が高いわけではなく
ノッキングを起こしやすいかどうかの差です。

 

レギュラーガソリン仕様車に、ハイオクガソリンを入れても
燃費に差はないはずです。

 

 

以前、異常に安いガソリンスタンドがあって、余りの
安さに目がくらみ、使ったことがありますが、
上り坂でまさかのノッキングとエンスト。

 

急な坂道だったので、バックで空走させ、クラッチをつないで
無事エンジンがかかりました。

 

おそらくガソリンに乳化剤と水を加えた粗悪ガソリン
だったのでしょう。

 

今はそのようなガソリンはないと思いますが
に粗悪ガソリンを使った苦い経験があります。

 

基本は、メーカー推奨のガソリンを使用したほうが
リスクは少ないのではないでしょうか?

 


信頼の一部上場企業
個人情報の目的外利用はいたしません。
45秒のかんたん入力

かんたん車査定ガイド

合い見積もりで査定UP間違いなしですよ