車下取り価格をアップするためのポイント。

下取り価格をアップするためのポイント

 

ディーラーで、愛車下取りの場合。

 

車下取り価格をアップさせるポイントは2つあります。

 

1つは、ディーラーとの愛車下取り交渉する上で、
愛車の買取り相場を把握する。

 

 

愛車が下取り相場で、いくらで取引されているのか?

 

愛車の下取り相場を把握して、ディーラーとの価格交渉に臨む。

 

買取店での車 査定価格の概算を調べる方法は?

 

そしてもう一つは、査定の基準を調べる。

 

その基準に沿って、メンテナンス出来る所はメンテナンスする。

 

 

ただ、修理するにも費用が掛かります。

 

かえって修理したほうが、高くついてしまうこともあるわけです。

 

費用対効果の見極めが必要になります。

 

 

自分で補修出来る項目

 

下記は、日本自動車査定協会の査定基準の中で
標準的な状態が、下記の6つのチェック項目になります。

 

1) 車の内装外板に傷がない

 

2) エンジンや足回りの不具合なし

 

3) 車検の残り月数は3カ月以内

 

4) 走行距離数は標準であること

 

5) タイヤの残り溝は1.6mm(スリップサイン)以上あること。

 

6) 事故修理歴や、改造工作がなくサビやニオイ等がないこと

 

 

●1)、2)と6)の項目について確認して見ます。

 

1) キズに関しては、飛び石などの小さなキズは減点対象外です。

 

小さなキズでは減額されません。

 

大きな凹みなど、板金パテ埋め塗装が必要な、
損傷については減点の対象になります。

 

査定による減額と修理費と比較すると、査定による減点よりも
修理代の方が高くつきます。

 

 

基本価格100万円の車の概算修理費が80万円の場合。

 

減点は、242点(一点=1,000円)なので、
242千円分の減額になります。

 

査定額を考えての修理は、損することになります。

 

修理せず、そのまま下取りに出しましょう。

 

2)のエンジン、足回りの不具合についても、1)と同じように
修理せず下取りに出しましょう。

 

5)のタイヤ溝は、ホイール径により、減点が変わります。

 

ホイール径が大きいほど減点数も増えます

 

15インチで13点、16インチで17点、17インチで25点
(1点=千円)の減点になります。

 

やはり、タイヤを購入するより、溝がない状態で下取りに出した方が
費用が掛かりません。

 

この中で自分が補修できる項目としては

 

6)の事故修理歴や、改造工作がなくサビやニオイがないこと。

 

になります。

 

事故修理歴や、改造工作がなくサビやニオイ等
たばこや異臭などのニオイは、減点の度合いが高いため、
対策する必要があります。

 

たばこのニオイの原因は車内の様々な部分についてい
るヤニです。

 

このヤニを取らない限り、このニオイはなくなりません。

 

下記記事の作業を行えば、ある程度緩和できます。

 

愛車をディーラー下取りに出す前に、車買取り相場を把握する。

 

オークション相場に影響を強く受ける、ネット一括査定に
、査定してもらう。

 

ディーラーとの交渉にょり、高額下取りが期待出来ます。

 


予想以上に高値で買い取って頂きましたので、非常に満足しております

 


ディーラーの下取りより高く売れたのでよかったです。

 


これまで知らなかった熱心な会社さんとも出会えました。

 

・45秒かんたん入力!

 

・東証一部上場企業の、一括見積りサービス!

 

・135万の上乗せ査定も!

 

詳細はこちらをクリック

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   


信頼の一部上場企業
個人情報の目的外利用はいたしません。
45秒のかんたん入力

かんたん車査定ガイド

合い見積もりで査定UP間違いなしですよ