下取り契約後の故障は減額されるの?

下取り契約後に故障した場合は減額されるの?

 

トヨタ、日産などの販売店、車買取り店へ下取りや売却契約後
故障による減額クレームは生じる事があります。

 

ディーラーの注文書に約款(やっかん)という、契約内容が記載されている
と思います。

 

「乙は下取り自動車 の状態が、甲に引き渡すまでの間に変化した場合は、
再査定された価格をもっ て下取車価格とされても異議ないものとします。」

 

この記載があると
下取り車を引き渡す前に、故障、事故を起こしてしまうと、再査定を
受けて下取り価格を下げられてしまう可能性が高くなります。

 

ディーラーや、買取り業者によって契約内容が異なります。

 

買取業者の場合は、修理後実費請求をされることが多いので
契約内容を確認しておく必要があります。

 

車下取り時の注意すべきポイントは、故障や凹みをつけてしまったとき。

 

隠したりせず状況を説明して、その後の対応を相談するのがベストです。
凹みや故障は隠し通せるものではありません。

 

いずれ発覚し、後々訴訟等のトラブルの原因にもなりかねません
そこを考慮の上、対応されることをおすすめします。

 

身に覚えのない不具合

 

大手中古車買い取り業者に下取り後、自分には身に覚えのない車の異常で、
2か月ほどしてからABS(アンチロックブレーキシステム)に不具合があったとして
費用請求が来るケースの場合。

 

引き渡し前までは、なんのトラブルもなく異常ランプも点灯していなかった。

 

このような場合も払わなければならないのでしょうか?

 

売買契約書に下記の記述がある場合

 

「車両引き渡し後 3カ月以内に不具合が発見された場合
当該車両修理費用の全額を乙が負担するものとする。

 

甲は乙に対し 修理費用の全額を請求できるものとする。

 

乙は甲に対し14日以内に費用の全額を支払うものとする。」

 

このような内容の記述があれば、払わなければならない可能性が出てきます。

 

ただ業者の整備による不手際で故障した可能性も
考えられるので、業者の主張している内容を整理してみる必要があります。

 

明らかに自分に落ち度がなく、業者の主張している内容に
納得いかなければ払う必要はありません

 

ただ、そのままにしておくと、法的手段を取られる可能も
ありますので、消費生活センターに相談されて下さい。

 

専門の相談員が受付け、公正な立場で処理してくれます。

 

平日は管轄の消費生活センターで対応してくれます。

 

土日祝日は専用のホットライン、局番なしの188のみの
対応となりますので、そこから業者をつっついてもらいましょう。

 

双方が納得できる形で調停してくれます。

 


予想以上に高値で買い取って頂きましたので、非常に満足しております

 


ディーラーの下取りより高く売れたのでよかったです。

 


これまで知らなかった熱心な会社さんとも出会えました。

 

・45秒かんたん入力!

 

・東証一部上場企業の、一括見積りサービス!

 

・135万の上乗せ査定も!

 

詳細はこちらをクリック

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   


信頼の一部上場企業
個人情報の目的外利用はいたしません。
45秒のかんたん入力

かんたん車査定ガイド

合い見積もりで査定UP間違いなしですよ