車下取りの査定料を確実にカットする方法。

車 下取りの査定料を確実にカットする方法

 

・車の下取り査定料は払うべきか?

 

ディーラーにて新車の購入の交渉時
見積書に、下取り車の査定料7,020円(ディーラーにより異なる)
との記載に違和感を覚えることはありませんか。

 

下取り査定料とは文字通り、新車を購入する際の
下取り車の価値を調べる費用になります。

 

査定費用が発生するケースはどんな時でしょう。

 

この査定料は車買取り店にはなくディーラーのみの費用で、
新車購入時でかつ、下取りがある場合のみ
査定費用が発生します。

 

極端な場合として、
車検証を見ただけで、車のチェックをしない場合でも、
下取り契約する場合は、査定料が発生します。

 

ディーラーで新車を買わずに、車査定のみの場合は、
査定料は発生しません。

 

車買取り店で、買い取ってもらう場合の査定料は
発生するのでしょうか?

 

査定費用の発生はありません。

 

ネットでの、一括出張見積り査定および車買取り店での
車購入時の下取りでも、査定料は発生しません。

 

査定料の発生は、あくまでも新車購入時の
下取り車の査定のみとなります。

 

下取査定料などの下取りの諸経費は、販売会社の儲け
になります。

 

販売会社の経理や方針の都合上、
削れないと言われることも多々あると思います。

 

ただ、管理人の今までの経験上から、
「下取車査定料は、友人の話を聞くと引いてもらえたみたい」
さりげなく交渉すれば、了承してくれる確率が高いので、
交渉してみることをお勧めします。

 

 

車下取り査定料、諸費用の値引き交渉する時期は、
本体価格の値引き交渉後に、した方が良いです。

 

下取査定料を先に交渉してしまうと、本体価格の値引き額が
少なくなるからです。

 

本体の値引き交渉が終わった時点で、ハンコウをちらつかせながら、
「下取査定料引いてくれたら、ハンコウを押しちゃうんだけど、
何とかならないかな?」
と言えば、営業マンも思わずOKしてしまう確率が高くなると
思いますので、試してみましょう。

 

その他の諸費用で、カットできる諸費用ば、
「納車費用」「車庫証明費用」になります。

 

納車費用に関しては自分で車を取りに行けば、カットしてもらえます。

 

車庫証明費用に関しても、自分で手続きを行えば、印紙代、標章代
以外はカットしてもらえます。

 

ネットでの車一括査定で、相い見積もりを取りましょう。

 

より高額買取りが期待できます。

予想以上に高値で買い取って頂きましたので、非常に満足しております

 


ディーラーの下取りより高く売れたのでよかったです。

 


これまで知らなかった熱心な会社さんとも出会えました。

 

・45秒かんたん入力!

 

・東証一部上場企業の、一括見積りサービス!

 

・135万の上乗せ査定も!

 

詳細はこちらをクリック

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   


信頼の一部上場企業
個人情報の目的外利用はいたしません。
45秒のかんたん入力

かんたん車査定ガイド

合い見積もりで査定UP間違いなしですよ